胃潰瘍という病気では日常生活でかかってくるストレスでもなりますので、これは防衛本能が働いているからです。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

胃潰瘍という病気とストレスの関係

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
胃の病気には胃潰瘍がありピロリ菌が原因になりますが、社会生活を送っている中でも、ストレスなども胃に相当負担をかけることも事実です。ストレス社会という言葉が定着していますが、これはやはり時代背景として人間関係が問題となっていることが多く、社会性と人間関係というのは切っても切れない環境になっていることがわかります。もともと病気としての言葉でストレスという言葉があったわけではなく、ストレスというのは専門用語で、物質に力が加わっている状態におきた、ヒズミのことをいうのです。それがいつの間にか医学用語として定着してきたのは、人間の体に与えられた刺激に対して、防衛本能をストレスというようになってきました。

ストレスが加わると人間の体はどうなるのかというと、ホルモンや自律神経がバランスを崩してきます。自律神経のバランスが崩れてしまうと、体を守っているシステムが異常をきたしてくるので、正常な働きが出来なくなることによって、おかしくなってきます。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、この2種類の神経がバランスを崩すと、日常生活に影響し始めるようになってきます。特にストレスが高くなると、体のバランスというのが崩れるのは、神経的な影響からなるのです。

お薦めサイト