子供の時に発見されることが多い自閉症。この自閉症とはどのような病気なのか、詳しく紹介しています。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

子供の病気自閉症とは

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
自閉症という言葉を知っていますか?今日はそんな自閉症について紹介したいと思います。いつも元気な我が子。特に他の子と変わった様子はないと思っていたのに、病院から自閉症の疑いがあると言われたらどうしますか?自閉症の症状は主に、三歳までの小さな子供に表れるといわれています。ある日我が子の行動を見ていて、あれっ?何かが違うと気付く親御さんも多いようです。そんな自閉症とはどのような症状が現れるのでしょうか。自閉症は後天的なものであらわれるのはほとんどなく、先天的な異常で表れる病気の一つです。1000人中3人が発症すると言われていますが、一見その判断が難しい病気になっています。見た目も何も変わった様子がなく他の子と同じなのに自閉症と診断され、驚く親御さんも多くなっています。

自閉症は、胎内にいた時に中枢神経の発達になんらかの影響がおきたことが原因と言われています。症状としては言葉の発達の遅れや他の子供達との交流が苦手だったり、あるものにこだわって執着したり同じ動作を何度も繰り返すという症状が現れます。また、幼少期であればあまり笑顔を見せない、言葉を話すのが遅いなどそういった部分で気付く場合もあるようです。

お薦めサイト