幼少期に何かおかしいと気付くことが多い病気アスペルガー症候群。この病気について詳しく紹介しています。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

子供の病気アスペルガー症候群

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
子供がまだ小さな幼少期の時に、他の子と何かが違うと気付くことが多い病気”アスペルガー症候群”。この”アスペルガー症候群”とはどのような病気なのでしょうか。このアスペルガー症候群とは、症状は自閉症と似ており、周囲との交流が困難だったり、何か一つのものにこだわりを見せると言う症状があります。この症状に気付くのは保育園や幼稚園など、集団の生活の中に入った時に気付く場合が多いようです。このアスペルガー症候群は、相手の立場に立ってものごとを考えたり行動することが苦手な人が多く、また相手に自分の気持ちを上手く伝えられない場合が多くあります。自閉症と違う点は言語の発達には問題がないことです。ただし言葉の使い方が多少ぎこちなかったりという症状が現れます。

また、その場の空気が読めなかったり、相手に自分の気持ちをなかなかうまく伝えることが出来ない為、時として学校でいじめに合うこともあるようです。また自分が決めたルールに強いこだわりをもち、これと決めたらその行動しかしないということもあるようです。このアスペルガー症候群は知能には問題がないので、周りから不思議の思われることも多いようです。もし我が子がおかしいと気付いた場合、早めに専門医などに相談をしましょう。

お薦めサイト