いま現在不治の病という除隊になっています。今後この病気は治ることはありません。それがなければと手も幸せなのに。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

病気ほど困ることはありません。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
世の中には不治の病と呼ばれている病気があります。僕が現在患っているのもそんな不治の病です。難病ではありませんが、一般的な人が成人病として多く掛かっています。そのため、今後一生注射が必要で、薬も飲み続けています。その駐車が大変細い針なので、痛くないのですが精神的にかなり参っています。一生続けないと行けないかと思うと本当に嫌になります。もちろん自分自身が不摂生をしてきたことのツケが回ってきたので、問題は自分自身にあります。一番大きな問題は4年ほど医者に掛かっていなかったことです、。それまでは非常に良くコントロールされていたので、全く問題はなかったのですが、いまは合併症を併発し、目が悪くなり歩くのも少し不便ですそんな風になってのは5年ほど前の事です。それさえなければ普通に生活が出来てのにと大変後悔しています。

一番に屋七尾は何をやっても元には戻らないことです。良い薬はドンドン出来ていますが根本的鯨飲は未だにつかめていないために全快することはありません。それだけが困っています。今のところは何とかなっていますがもっと年を取ってから自分自身で注射が出来なくなればどうするのだろうかと考えているのです。一人津舞なので、家族もいま千。本当にそのことでは困っています。

お薦めサイト