摂食障害は、状況によっては命の危険性もある病気です。女児にも増えているので、怖さを教える必要があります。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

摂食障害の病気の怖さを知る

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気の姿を事前に知っておくという事は、その病気に罹らないためにはとても重要な導入部分です。最近、発症の低年齢化が進行している病気の一つに摂食障害があります。以前は10代の後半に発症するケースが多い病気でしたが、最近では10前半に発症する例も増えています。男性が発症するケースもありますが、患者のほとんどは女性で、最近では女児が発症しやすいという事で学校でもその怖さを教えている所もあるようです。摂食障害は心の病気で、ダイエットのやり過ぎが原因と言われてきましたが、それ以上に深い問題を孕んでいることもあり、家庭環境や過去のトラウマが原因となっている事もあります。

学校児童の摂食障害の場合は、給食を食べることを拒否する、急激に痩せてきた、健康診断で低体重が発見された、などがきっかけで親や教師が発見するケースが多いです。摂食障害は状態によっては命にも関わる怖い病気です。食糧が十分にある現代では時に摂食障害=贅沢病、などと勘違いされてしまうケースもあるようですが、それは間違いです。心に問題を抱えている場合も多いので、その場合にはカウンセリングや心療内科などの心理的なケアが受けられる機関の利用が大切です。

お薦めサイト