汗にも質があります。入浴やウォーキングなど、良い汗をかくための行動は病気の予防にも繋がるのでオススメです。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

良い汗をかいていると病気知らずになれる

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
汗をかく仕組みを知っているでしょうか?汗をかくのは、体温が上昇した時で、このとき血液中の水分&ミネラルが汗腺に取り込まれます。この後に汗が皮膚表面に出てくるのですが、汗の質によってかき方が異なります。普段よく汗をかく人の場合、汗腺が発達しているので必要なミネラルの再吸収を行い、水分だけが皮膚表面に出て行きます。逆に、普段ほとんど汗をかかない人は汗腺が発達していないのでミネラルの再吸収の能力が低いです。そのため、水分とミネラルが皮膚表面に出て行ってしまいます。よく、臭いのある汗と呼ばれるのは普段汗をかかない人の汗で、水分以外に再吸収出来なかったミネラルが含まれているので臭いがしてしまうのです。

汗をうまくかけないと、体内に不要な水分や老廃物が溜まり、病気にかかりやすくなります。質の高い汗をかくには、20分以上のウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。歩く前に200ccくらいの水分を摂ってから歩くと良いです。新陳代謝のアップ&むくみ予防にもなります。他には、入浴も効果があります。水分補給をした後に、胸から下までお湯を入れて浸かる半身浴を行うと、たくさん汗がかけます。お風呂の温度が高過ぎると心臓に負担がかかるので、高くても40度前後に設定して入りましょう。

お薦めサイト