日本人の三大疾患の一つである脳血管疾患。この脳血管疾患とはどのような病気なのかを紹介しています。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

日本人に多い病気脳血管疾患

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
日本人に多い病気の一つで、日本三大疾患のひとつである”脳血管疾患”。この”脳血管疾患”とはどのような病気なのでしょうか。この脳血管疾患とは脳の動脈になんらかの異常がおきる病気のことをいいます。この脳血管疾患には脳梗塞や脳出血が含まれます。血管が詰まったり破れたりすることで脳の機能障害がおこり、体に麻痺を起したり、最悪な場合死に至らせる怖い病気になっています。最近の日本人の食事は欧米化しつつあり。ファーストフードや塩分の高い物、脂っこいものが多くなってきています。食生活を見直すことは脳血管疾患を防ぐために重要なことです。また、高血圧の人やヘビースモーカー、飲酒量の多い人、自分の家族で脳卒中になった人がいる人などは、この脳血管疾患になりやすい傾向にあります。

急に体がしびれ始めたり、激しい頭痛を感じたり、めまいがしてふらふらして歩けない、視野の半分が見えない、言葉をうまく発することが出来ないなどの症状が現れたらただちに病院に行きましょう。脳血管疾患は発症したら早めの処置が大切になります。また、常日頃から発症しないように塩分を控えめにしたり、適度な運動をする、禁煙する、濃い味のものをあまり食べないなどの対策をしておきましょう。

お薦めサイト