摂食障害の病気は有効な治療法が確立していませんが、認知療法や行動療法などが用いられることが多いです。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

摂食障害の病気の治療について

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
食べることが上手く出来ない病気、摂食障害の患者さんを治療するためには長い時間がかかります。患者さんのほとんどが、長年の不自然な食行動のせいで食事や体重への認知が間違っています。この認知の歪みを治すために用いられるのが認知療法で、感情や行動を改善させるのに効果があるのではないかと言われています。摂食障害には、現在効果的な治療法というのはありません。治ったと思っても、また再び発症してしまうケースや、拒食症から過食症に移行してしまったり、また過食症から拒食症に移行してしまうケースも多いです。認知療法と並んで使われるのが行動療法で、食行動=学習を学習行動学から改善させようとするものです。

認知療法にしろ、行動療法にしろ、摂食障害の患者さんの強力が不可欠です。摂食障害の病気は、病気の中でも本人に治りたいという気持ちが乏しいと言われる珍しい病気です。そのため、こういった療法を行おうとしても、患者さん本人の強力が得られないケースも多いのです。周囲としては、患者さんの不安な気持ちを理解して、決して治療を無理強いさせてはいけません。無理強いするとかえって意固地になったり、落ち込む患者さんもいるので注意が必要です。

お薦めサイト