私が病気ひとつすることなく丈夫に健康でこれまで生きてこられた事は、ひとえに両親のお陰と感謝しています。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

病気をしない丈夫な体

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
私は、産まれてこの方、幸いにも大病一つせず、丈夫に健康で生きてきました。これも、やはり、私を産んで育ててくれた両親のお陰かなと思い感謝の気持ちで一杯です。私には今小学2年生の孫がいるのですが、産まれて半年ぐらいで、突然劇症肝炎よいう難病になってしまいました。娘たち夫婦も、私たちも、また身の周りの人たちも、オロオロするばかりでした。結局肝臓移植をする事になってしまいました。誰の肝臓を移植するか、適合している人を決めるために検査を受けるのですが、婿と私が選ばれました。そして、結果としては、私の肝臓を移植する事になりました。私の場合は、年齢がギリギリの線でした。

今まで、健康で居られたのは、私の肝臓が孫を救えることが決まっていたからだったのかなとさえ思えました。取りあえず、手術は無事終わり成功したようで、4か月後の退院となり今は、とても元気に学校に通っています。孫と一緒の病院に、私も、入院していたのですが、幼い内から病気になって、長く入院している子供たちを目の当たりにして、胸が締め付けられるような思いでした。でも、その反面、とても、明るく元気な子供たちの姿も垣間見ることが出来た時には、色々な病気と闘って子供たちのたくましさに、また胸が熱くなりました。

お薦めサイト