高齢化社会が進むにつれて多くなっている病気が認知症です。認知症の進行を防止するには家族のサポートが重要です。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

高齢化が進むにつれて多くなっている病気である認知症

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
高齢化社会が進み、多くなっている病気といえば認知症です。認知症に効くよい薬はどんどん発売になっていますが、進行を防止する薬であり、完全に治せる病気ではありません。そのため、認知症の進行を遅らせるためには本人だけではなく、家族のサポートが必須となります。

認知症の方にはまず、自分の事はできるだけ自分でやってもらうようにして下さい。何もしないと、脳を働かせる機会が少なくなってしまい、進行を早めてしまう恐れがあります。本や新聞を読む、散歩や運動をするのもよいでしょう。主婦の方であれば、料理や洗濯、掃除などできるものは任せるようにして下さい。また、日記をつけるのもよいです。日記を書くときはかならずその日を振り返ります。振り返ることで記憶機能へ刺激することになります。

家族の方にも、認知症の方と接するときには注意しなければいけないことがたくさんあります。本人の言うこと、行動を尊重するようにする、責めない、叱らない、子供扱いをしない、ゆっくりと話をする、圧迫感を与えない、悪口を言われても反抗せず、聞き流すなどです。認知症は、家族のサポートによっては進行を遅らせることが可能です。積極的にサポートするようにしましょう。

お薦めサイト