心の病気は精神障害とも呼ばれます。一つではなく多くの原因が関与して発症するケースが多いです。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

心の病気をどう捉えるか

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
心臓病や脳の病気といった体の病気は目に見える症状が現れますが、心の病気は目に見えないという所が難しいです。社会的にも、「怠けているだけではないか」と思われてしまうため、患者本人はとても辛い状況にあります。しかし、心の病気は現代では精神障害というカテゴリーできちんと病気として捉えられています。心の病気にかかる原因になるのは、何か一つの原因がそうさせているというよりも、複数の原因が関与しているケースがほとんどです。トラブル、、トラウマ、コンプレックス、対人関係、ストレス、睡眠不足、など色々な問題が絡み合って、病気の引き金になってしまうのです。最初は自分がネガティブ過ぎるのかと感じている軽い状態から始り、徐々に症状が悪化していく事も多いです。

心の病気はさらに目に見える症状として、腹痛、頭痛、下痢、便秘、過食、などを引き起こす事もあります。病気の発作により腹部の圧迫感や過呼吸や呼吸困難が起きることもあります。現在では脳の神経回路の異常が心の病気を引き起こしている可能性もあるとして、ソロトニン、ドーパミン、アセチルコリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質をコントロールする薬の治療が主流になっています。

お薦めサイト