心の病気は、生物学的側面、社会学的側面、心理学的側面、の3つの側面から分類することが出来ます。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

心の病気の3パターンの側面

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
心の病気、というと何か得たいの知れない存在に感じますが、3つの側面から分類出来るとなるとだいぶ理解しやすくなると思います。心の病気(精神障害)は、古典的な分け方では次の3パターンに分けることが出来ます。生物学的側面、社会学的側面、心理学的側面、の3つです。まず生物学的側面ですが、これは脳の活動をコントロールしている神経伝達物質が多くなり過ぎたり、少なすぎたりして脳や体のバランスが崩れることで心に不利益な症状が引き起こされると考えるものです。社会学的側面は、職場や学校などでの自身の社会的な立場が心に影響を与えると考えるものです。心理学的立場は、自身の性格、家庭環境などによる心への影響を考えるものです。

現代ではこの3つのいずれかにはっきりと分類される、とする考え方は主流ではなくなってきていますが、大きく分けると以上のようになります。また、生物学的側面、社会学的側面、心理学的側面のいずれにしても、治療方法は同じようなものが使われるのが普通です。カウンセリング、神経伝達物質をコントロールで切る薬物療法、環境療法、などが主流です。心の病気で注意しなければいけないのは、叱咤激励を患者に対してしてはいけないという事です。逆効果になる可能性が高いからです。

お薦めサイト