骨粗しょう症は骨の強度が弱くなってしまう病気です。軽いショックでも骨折しやすくなるので早期治療が大切です。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

骨が脆くなる病気骨粗しょう症

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
骨を強くするために牛乳や小魚を食べよう、といったことがよく聞かれます。骨の強度に関わっているのは、骨密度と骨質と呼ばれているものです。骨密度は骨の中に含まれているミネラル量を表しています。骨質は骨の素材とそれを組み合わせて作られた構造の性質の事を表わしています。骨密度+骨質=骨の強度、と捉えておけば良いです。この骨の強度が極端に低くなってしまう病気に、骨粗しょう症があります。骨がスカスカになってしまう病気、と一度は耳にしたことがあると思います。骨粗しょう症の患者のほとんどは女性で、男性:女性=300万人:980万人と女性の骨粗しょう症患者は男性のそれに比べて3倍近くもいます。なぜそうなるかと言うと、それは女性の閉経が関与しています。

女性は閉経になると女性ホルモンのバランスが崩れ、カルシウムの取り込みが悪くなったります。他にも、栄養の偏り、加齢、運動不足、他の病気のために飲んでいる薬の副作用、なども関与して骨粗しょう症になる事もあります。骨質は骨の代謝が悪くなると質が落ちてしまうため、骨の代謝の働きを悪くさせる上記のような原因が骨粗しょう症を引き起こすと考えられています。骨粗しょう症になると転んだ、ぶつけた、くらいの外的なショックだけでも骨折する可能性が出てくるので、早期発見、早期治療が重要です。

お薦めサイト