めまいの病気は耳や脳の異常によっても生じますが、ストレスが引き金となって起きる事もあります。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

めまいはストレスが原因になることもある病気

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
めまいの病気といっても、目がぐるぐる回る、ふわふわした感覚、立ちくらみ、など感じ方は人それぞれです。めまいが起きる原因は、耳や脳異常、と考えられてきましたが最近ではストレスによっても起きることが分かってきました。特に、短い間に何度もストレスとなるような事があると、めまいの症状として表れる可能性が高くなります。めまいの病気でも代表的なものをあげると、耳の異常では、良性発作性頭位めまい症、メニエール病が代表的です。脳の異常では、脳梗塞、脳出血が代表的です。めまいになると、ただ目の前がぐるぐる回る、といった症状だけではなく吐き気、極度の不安感、といった症状を伴う事もあります。

治療薬としてよく使われるのは、循環改善薬、浸透圧利尿剤、ステロイド剤、抗不安薬、ビタミン剤、などです。一つではなく、複数の薬を並行して使う事が多いです。めまいは一時的に症状が改善して、再び発症する事も多いので、めまいが無い時には根本的な治療を行うための薬を使います。めまいが急に起きた場合には倒れると危険なので、ひとまず横になり休むことが大切です。その時の姿勢は自分が楽な体位で構いません。暫く待っても症状が改善しない場合は内科か耳鼻科の受診が必要です。

お薦めサイト