自律神経の働きを正常に保つことが病気予防には大切です。忙しい人でも出来る工夫も説明します。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

自律神経を正すことが病気予防に繋がる

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
規則正しい生活を続けていれば自律神経の働きも良くなり、病気予防には最適です。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、これがバランスよく動くのが理想的です。そのためには、十分な睡眠、良質な食事メニュー、気持ちの落ち着き、適度な温度の維持、食事の時間は一定にする、などが大切です。しかし、そうは言っても働いていたり、勉強していたりと、忙しい人にとっては規則正しい生活は続けるのが難しいものです。「わかっちゃいるけど」というのが本音でしょう。そういう忙しい人でも、自律神経を整えやすくする方法を紹介します。色々ありますが、今回は4つ紹介します。日光を浴びる、ストレスを感じたらハーブティーorホットミルクを飲む、深呼吸をする、ぬるめのお湯に浸かる、です。

一つずつ説明していきますと、日光を浴びるのは体内時計のリセットをするためです。先ほど言ったように自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれ活動と休息を担っています。日光を浴びることで、この活動と休息のリズムを作る事が出来ます。ストレスを感じたらハーブティーorホットミルクを飲むのは、香りの効果でリラックスしたり、ミルクのカルシウムでイライラを抑えるためです。深呼吸は交感神経の緊張を抑える効果があります。ぬるめのお湯に浸かると、副交感神経が優位になりリラックス効果があります。

お薦めサイト