笑うと副交感神経が優位になり、リラックス効果があります。免疫力も高くなるなど病気予防にも有効です。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

笑いが病気をやっつける

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
ある外国の映画では、笑いによって病気を改善していく医師の姿を描いたものがありました。病気によって深く落ち込んでいた子供達の前で医師(研修医)自ら医療器具を道化の道具にして笑わせたり、突拍子もない行動で患者の気持ちを癒していく映画です。最近では、笑うことは病気の予防や改善に効果がある事が医学的にも立証されています。笑うという行為を追ってみると、笑いが生じるまでには目、耳、などの器官がその情報を脳に伝達します。脳はその刺激を受けて笑うという普段とは違う動作を生じさせます。この状態では、自律神経の働きが活発になります。笑いにも色々種類がありますが、心の底から笑ったような時には、副交感神経が優位になり、リラックスモードに入ります。

笑うと消化の機能も上がると言われますが、それは副交感神経が活発な時には消化器官の働きが活発になるためだと考えられています。他にも、笑うことで免疫力が上がるとも言われています。一例をあげると、リウマチ、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、膠原病、などの免疫異常の病気に笑いが有用な効果をもたらしてくれるそうです。笑うといっても冷笑のような人を攻撃するための笑い方は逆効果で、この状態では交感神経が優位になります。楽しく気持ちよく笑うのが病気に効く笑い方です。

お薦めサイト