現代はストレス社会になっているので、うつ病や不安神経症、統合失調症などの病気に罹る方が増えています。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

精神、神経の病気について

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
現代は、パソコンやスマートフォンなどが普及してきて、スピード社会になっていますし、職場でも、家でもストレスを感じている方が多く、うつ病や不安神経症、統合失調症などの病気に罹る方が増えています。うつ病は気分の落ち込みが長く続いたり、胃腸の働きが悪くなったり、睡眠が充分に取れなくなって、不眠や早朝覚醒などの症状が見られます。家事や仕事の効率が悪くなって生活に支障が出てくるので、早めに精神、神経科で診察を受けることが大切です。治療は抗うつ剤による治療が中心になってきますが、家族も病気の辛さを理解してあげるようにして下さい。

統合失調症は、気力が減退してきたり、部屋に閉じこもりがちになったり、喜怒哀楽などの感情が乏しくなってくることがあります。幻聴や妄想などの症状が見られる場合があるので、早めに病院で診察を受けることが大切です。うつ病とは違って患者に病識を感じていることが少ないのが特徴になっています。統合失調症は一度罹ると治療が長期間に罹ることが多いです。統合失調症はかならずしも入院が必要な病気ではなく、通院をして投薬による治療を受けている方も多いです。うつ病や不安神経症、統合失調症は再発が多い病気なので、過度なストレスを溜めないことが大事です。

お薦めサイト