拒食症の病気では、急に食事を摂るとむくみが生じることも多いです。筋肉を作るための栄養や運動が必要になります。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

拒食の病気とむくみの関係

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
拒食症は、BMI指数が18.5未満と極端に低い状態でも、「痩せなければならない」と思い込んでしまう怖い病気です。主に社会学的側面や心理学的側面が心に影響を与えていると考えられています。拒食症の患者には、しばしば健康になることを拒否するケースも多いですが、自ら立ち直ろうと必死で食事をスタートする人もいます。拒食症の場合、今まで食事量がほとんど0であったために、消化能力、筋肉量、などが落ちています。また、栄養不良状態であるため、急に食べるとむくみの症状が現れる事も多いです。健康な人であっても、毎日多かれ少なかれむくみとその改善を繰り返して生きているわけですが、拒食症の患者がむくみを感じると、その体型の変化に耐えられずに再び食べることを止めてしまう事も多いです。

むくみは筋肉量の減少が問題になりますし、その他栄養不良によっても生じます。拒食症の場合はタンパク質、ビタミンB1、カリウムなど水分の排出、筋肉を作るために必要な栄養素が足りていないことからむくみを発症しやすくなっているので、時間をかけて栄養を摂取していくことが必要になります。筋肉を作るために、体に負担をかけないくらいの軽い運動を取入れると効果的です。

お薦めサイト