病気になるということが、どれほど社会や家族や個人の負担になるかということなどを書いています。

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
病気に備えて、保険に注目することも大切です。

健康管理と健康寿命と病気

病気に備えて、保険に注目することも大切です。
最近は健康管理のことが、特にやかましく言われてきているように思いますが、それは健康寿命という言葉からもわかります。国からしても個人の高齢化の対策ということからしても、健康寿命が長ければ長いほどメリットが大きくなるということがよくわかるからです。それは経済的にもそうですし、病気という場合には当人だけではなく家族や医療関係者にも負担が及ぶということになりますし、薬の利用でも副作用などの問題や、未知の病気という可能性もあります。最近のエボラウイルスの問題でもそうですが、毎年必ず複数の病気の問題が起こっているということは誰が見ても明らかで、せっかくその他では幸せな状態でも、重篤な病気になれば、それらの幸福も一瞬で吹っ飛んでしまうということでもあります。

そのように私達ひとりひとりが幸福になるためには、できるだけ病気にかからないようにしたり、軽くするようにしたりすることが、自分の為でもあり、家族の為でもあり、国のためにもなるということになります。そのような面から見ても、私という人間が健康管理で、病気にならないようにするということが、大きな人生の目標ということにもなります。そのためには、自分の健康を疎かにせずに、真剣に対処するということが、結局は自分のためにもなるということになります。

お薦めサイト